広和産業は岡山県の不用品回収業者です

広和産業、不用品回収業者を便利に活用

少子高齢化の時代、高齢者の方にとっては、大きな荷物の運搬はたいへんな作業です。また、女性や障害を持つ方にとっても、不用品の処分は一筋縄ではいきません。岡山県内全域で活動している広和産業「便利屋イエローサービス」を利用すれば、すべて解決です。
 
また、業者に不用品引き取りを依頼するメリットとして、レスポンスが良いことが挙げられます。廃品・不用品の回収は自治体でも行っていますが、決まった回収日にしか引き取りに来てくれません。広和産業の場合は、ケースバイケースですが、即日引き取りも可能です。
 
さらに、すべての製品に当てはまるわけではありませんが、製品の状態が良ければ買い取ってくれるかもしれません。自治体の廃品・不用品回収ではこのようにいきませんので、買い取りは回収業者に依頼するメリットと言えるでしょう。
 

必要の無いものは捨てる、これは常識です。

断捨離の由来
 
断:不用な物を断つ
捨:いらない物を捨てる
離:物に執着することから離れる
 
というヨガの行方が元になっています。断捨離は、自らが心地よい生活を送ることを目的にするもので、日本で何かと多い「もったいない」という考え方とは対極にある考え方です。
 
ヨガの修行は自分自身を解放することにあります。物への執着心を無くし、物が支配する環境を離れることが断捨離の目的です。
 
ただ、ヨガの考え方を不用品処分に取り入れると言っても、そうかんたんではありません。まず、いらない物を捨てるというよりは、新しい物が本当に必要なのかを考えることが大切です。そのテレビは本当に買う必要があるのか。そのスマートフォンは?必要の無いものを見極めることが断捨離の出発点です。
 
その次のステップは「仕分け」です。少々思い切りが必要なステップですが、ここが大切です。当たり前のことですが、「必要な物」は今後も必要であり続けます。ただ、この「必要な物」を見極める必要があります。
 
  • 今、使っていない物は、将来、使うのだろうか?
  • 大切な物だけど、将来、使うのだろうか?
  • 無くしてからしばらく経つけど、とりあえず困ってないな。
 
などを考慮します。
そして、「必要な物」「捨てる物」そして「今は保留」に分けていきます。
 
「捨てる物」は捨てましょう。そして「今は保留」については、繰り返し検討します。
 
将来、使うのだろうか?
 
不用品回収と断捨離
自分自身を、物が支配する環境から解放することを目的とした断捨離。断捨離のためには、時として苦しい決断をしなければなりませんが、不用品回収で物を処分するのであれば、少しは決断がしやすいかもしれません。
 
断捨離のために処分する物品の中には、リサイクルが可能な物もあるでしょうし、中には買い取ってもらえる物もあるかもしれません。物をためこまないライフスタイルは、「もったいない」派にとっては耐えられないことかもしれません。ただ、「もったいない」はエコではありません。不要なものは買わない、ため込まない。これからの時代に必要な考え方ではないでしょうか。